2009年10月07日

軟水と硬水について

ppmによって軟水と硬水は違います。

きわめて軟水・・・0〜40ppm
軟水・・・40〜80ppm
やや軟水・・・80〜120ppm
やや硬水・・・120〜180ppm
硬水・・・180〜300ppm
きわめて硬水・・・300ppm以上

特徴については

軟水の特徴
・カルシウムとマグネシウムが少ない
・味にくせが少なくて飲みやすい
・素材の味を損なわず、料理に適している。
・乳幼児の水分補給や粉ミルクにも使える。
・胃腸にも優しい

硬水の特徴
・カルシウムやマグネシウムなどミネラルが豊富
・ミネラル補給に適している。
・マグネシウムが多いと苦味が強く味にくせがある。
・マグネシウムが多いと胃腸障害を起こす場合がある
・石鹸がマグネシウムと結合すると泡立ちにくくなる



posted by ゆうた at 16:23| Comment(0) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。