2009年10月09日

軟水とは

水の種類で「軟水」というのをよく聞きますが、一体どのような水なのでしょうか?知っているようで知らない方も多いのではないでしょうか?
日本の水はほとんどが軟水といわれています。水が軟らかいというのは水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が少ないということなのです。硬度の基準は次のとおりです。

・硬度100以下 軟水
・硬度101〜300 中硬水
・硬度301〜 硬水

一口に水といっても奥が深いものなのです。「硬度」の目安を知っておくと、水選びの時に便利かもしれません。軟水、硬水にはそれぞれ用途によって得意不得意分野があるので、私たちが水を使う時にはどちらが適しているか知っておくといいでしょう。





posted by ゆうた at 19:59| Comment(0) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。