2009年11月12日

目的に適した硬度の水を飲もう

水の硬度の違いにより用途は異なりますexclamation
ここに水の硬度による用途を表に表します。

参考にしてください。

硬度50以下の超軟水 ・和風のだし、お茶、コーヒーに向いている
ROベビーウォーター(硬度2)  ラムローサ(硬度7.5)
屋久島縄文水(硬度10)     南アルプスの天然水(硬度30)
三国山脈谷川の水(硬度43)   天然名水出羽山々の水(硬度46.3)
〇硬度50〜100の軟水 ・炊飯、調理用
ボルヴィック(硬度50)     六甲のおいしい水(硬度83)
富士ミネラルウォーター(硬度87.6)
〇硬度170前後の硬水 ・ウイスキーの水割、洋風だし
ハイランドスプリング(硬度175)バルヴェール(硬度176.5)
〇硬度300の硬水 ・食欲増進の効果があるので、食前酒の代わりに
エビアン(硬度297.5)     ペリエ(硬度364.5)
〇硬度600を超える超硬水 ・スポーツ後のミネラル補給にお薦め
ヴィッテル(硬度649)     アポリナリス(硬度691.2)
サンペレグリノ(硬度733.6)  トニースタイナー(硬度969.5)
〇硬度1500究め付け ・ダイエットや便秘解消に効果ありとか
コントレックス(硬度1503.5)

















posted by ゆうた at 16:42| Comment(0) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。