2009年11月12日

目的に適した硬度の水を飲もう

水の硬度の違いにより用途は異なりますexclamation
ここに水の硬度による用途を表に表します。

参考にしてください。

硬度50以下の超軟水 ・和風のだし、お茶、コーヒーに向いている
ROベビーウォーター(硬度2)  ラムローサ(硬度7.5)
屋久島縄文水(硬度10)     南アルプスの天然水(硬度30)
三国山脈谷川の水(硬度43)   天然名水出羽山々の水(硬度46.3)
〇硬度50〜100の軟水 ・炊飯、調理用
ボルヴィック(硬度50)     六甲のおいしい水(硬度83)
富士ミネラルウォーター(硬度87.6)
〇硬度170前後の硬水 ・ウイスキーの水割、洋風だし
ハイランドスプリング(硬度175)バルヴェール(硬度176.5)
〇硬度300の硬水 ・食欲増進の効果があるので、食前酒の代わりに
エビアン(硬度297.5)     ペリエ(硬度364.5)
〇硬度600を超える超硬水 ・スポーツ後のミネラル補給にお薦め
ヴィッテル(硬度649)     アポリナリス(硬度691.2)
サンペレグリノ(硬度733.6)  トニースタイナー(硬度969.5)
〇硬度1500究め付け ・ダイエットや便秘解消に効果ありとか
コントレックス(硬度1503.5)

















posted by ゆうた at 16:42| Comment(0) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

軟水と硬水の味

軟水は口当りが良く飲みやすい水だと言われており、コーヒーやお茶を入れるのには軟水が一番良いとされています。また、料理に使うと、味の変化を邪魔しないので良いと言われています。

硬水はミネラル成分が豊富なことで、日本人である私たちが飲み慣れた軟水よりも少し苦み?を感じるかもしれませんコンビニなどで良く目にするヨーロッパが原産のエビアン(Evian)やヴィッテル(Vittel)は硬度300以上で“非常な硬水”なんです。
















posted by ゆうた at 17:15| Comment(1) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

軟水の用途と味

日本のミネラルウォーターのほとんどは、軟水ですが、これらの水は日本の風土に合っているといえるでしょうexclamation

水というのは、わたしたち人間の生活にも、もちろん身体にも欠かせないものなのですexclamation

その水を意識することによって、またそれぞれのシーンに合った水を選ぶことによって、生活はより豊かなものになりまするんるん

また、わたしたちの暮らしを豊かにしてくれる嗜好品の一つに、お酒というものがありますが、水の硬度というのはこのお酒造りでも重要な要因の一つとなるもので、お酒の味わいなどにも大きな影響を与えます。

軟水を利用して作ったお酒は、まろやかで口当たりがよく、甘口のお酒になります。女性にぴったしですexclamation

美味しい水の存在というのは、このようにさらに美味しい数々のものを生み出してくれるのです。

美味しい水は、わたしたちの生活や生命そのものの基本となるものです。

軟水のミネラルウォーターを上手に取り入れて、美味しい生活を手に入れましょうexclamation硬水飲もうと思う人は軟水から慣らすのがよいですよexclamation










posted by ゆうた at 21:26| Comment(0) | 水の硬度について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。